借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する
知らないと損する

よくない返済パターン

審査なしに借りられてサラ金より手軽。
銀行カードローンの罠にハマった。

思い当たるフシはありませんか?

  • 消費者金融で借りるより銀行のほうが安心と思い込んでいる。
  • サラ金で断られても銀行なら貸してくれるのがありがたい。
  • 毎月の支払いを抑えた方が家計に負担がかからない。

安心に思える銀行カードローンが
多重債務者をふやしている

うっかり銀行カードローンに手を出し多重債務の泥沼に落ちてしまったMさんには、銀行なら安心という間違った思い込みがありました。

きっかけは...

行き詰まった家計を助けるために
やむなく大手の消費者金融へ。

多重債務者と聞くと、金遣いの荒い人や金銭感覚のだらしない人を思い浮かべるかも知れませんが、実際にはそんな人ばかりではありません。つましく暮らしている善良な市民が、ふとしたことから多重債務を抱えてしまうケースも少なくないのです。至って誠実な性格のMさんのケースで見ていきましょう。

保険の外交員をしていたMさんは思うように契約が取れず、保険金を自分が負担して契約を取るような無理を重ねていました。同じ頃に夫の事業も不振になり始め、一家4人の生活に支障が生じてきました。そんなときにMさんの目に止まったのが、大手銀行のカードローン広告です。サラ金の店舗に行くのには抵抗があっても銀行なら平気。そんな気持ちも手伝って申込んでみると、時間のかかる審査もなくカードと通帳が発行されました。試しにATMコーナーでカードを使ってみると、すぐさま10万円を引き出すことができました。

最初のうちは借り入れる金額も少なく、その都度返済していましたが、夫の事業の資金繰りや子供の学費で出費がかさむようになってくると、借金の方も増えていきました。やがて返済にまわすお金が足りなくなり、そのたびにまた別の銀行でカードローンを申し込むようになっていきました。

問題点はココ!

過剰な借金を防ぐ総量規制も
銀行カードローンには通用せず

高金利での貸付けや悪質な取立てが社会問題になったことを受けて、2010年、総量規制とよばれる法律が施行され、年収の3分の1を超える借金はできなくなりました。これで多重債務者の数はぐんと減るはずだったのに、最近また多重債務に苦しむ人がふえてきているといいます。その原因とされるのが、Mさんが利用した銀行カードローンです。というのも、総量規制が対象とするのは消費者金融や信販会社であり、その中に銀行は含まれていないのです。

したがって、消費者金融の借金総額が収入の3分の1を越えた人でも、銀行カードローンを使えばまた新たに借り入れることが可能です。限度額も、場合によっては1000万円近く貸し出す銀行もあります。もしも何枚もの銀行カードローンを持つようなことになると、借金額はふえる一方です。その先には、返済不能が巻き起こす悲惨な結末が待ち受けていることは言うまでもありません。必要に駆られてのこととはいえ、無担保•無審査で現金が引き出せることの不自然さに目をつむり、借金を重ねていったことが大きな過ちでした。

このまま続けると...

毎月の返済額を抑えたことで
いつまで経っても元金が減らせない。

Mさんは無理のない金額を設定した返済計画を組んだことで、却って完済を遅らせることになりました。毎月返しているようでも金利分が差し引かれるため、元金に充当する金額は減らず、結果的には膨大な借金をしたのと同じことになってしまいます。さらに、窓口操作で簡単に現金が借りられることを知ってしまった結果、収入が増えたように錯覚して無駄遣いが増え、家計管理もずさんになっていきました。

解決するには

任意整理で借金を減額。
生活を見直して返済続行。

4枚目の銀行カードローンを申し込もうというときになって、Mさんは自分のしていることの重大さに気づき、夫と相談した結果、「みお」に来所されました。Mさんには総額で500万円の借入れがありましたが、減額することができれば将来にかけて返済したいという意志があったため、私たちは任意整理の方法を選びました。事業をたたんだ夫には定期収入があり、Mさんの保険の仕事も続けていけるということで、弁護士が保証会社との交渉に当たり、金額交渉して和解を取りつけました。3枚あった銀行カードは全て破棄され、Mさん一家には平和が戻りました。

弁護士がわかりやすく解説
「借金問題を弁護士に依頼して生活を楽にしましょう」

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00