借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する
知らないと損する

よくない返済パターン

まさかのリストラ、収入激減。
住宅ローンが払えない。

思い当たるフシはありませんか?

  • 住宅ローン返済に追われ貯金ゼロで毎日がギリギリ状態。
  • 月額少なめ、ボーナス時多めのローン返済を組んでいる。
  • 消費者金融で借りたお金を住宅ローン返済に充てている。

ボーナスに頼り過ぎた返済計画が
途中から狂い始めて生活を圧迫

長期ローンで返していくつもりが予期せぬリストラに遭い、返済が困難に。せっかく手に入れたマイホームを手放したくないものの、今のままでは収入の半分以上が住宅ローンで消えていく。

きっかけは...

終身雇用を信じていたのに
仕事は消え、ローンだけが残った。

中小企業に勤める堅実なサラリーマンだったKさんは30歳代でマイホームを購入。定年まで勤め上げるつもりで長期の住宅ローンを組み、コツコツ返済を続けていました。月々の返済が家計を圧迫しないようにと月払い分は低めに設定。その代わり、毎年2回のボーナスは30万円にして無理なく支払っていく予定でした。ところが不況のあおりを受けて業績が悪化し、Kさんはリストラされてしまいます。次の仕事は見つかったものの収入は下がり、ボーナスも出ない状況に陥りました。
事情はどうであれ、住宅ローンは待ってくれません。月々の返済はまだしも、ボーナス月ともなれば30万円の支払いが待っています。現金調達のためには他に方法もなく、仕方なく消費者金融から10万円を借りるようになったのが始まりでした。

問題点はココ!

ボーナス時増額返済は
先行き不安な時代には無謀

問題の一つは、ローン返済計画にボーナス時増額を組み入れてしまったことです。サラリーマンだからといって終身雇用が保障されているわけではありません。まして、ボーナス時に30万円も増額するのは、昨今のように先行き不安な経済情勢では無謀です。
二つ目は、消費者金融で借金してしまったこと。金利が約2~3%の住宅ローンが払えないのに、18%もある消費者金融から借金するのは不利に決まっています。止むに止まれずという事情はわかりますが、住宅ローン返済のための借金は絶対にしてはならないことだったのです。

このまま続けると...

住宅ローンが減らないまま
際限なく増え続ける借金。

Kさんにとってはマイホームを持つことが一生の夢であり、何としても手放したくないという思いがあったため、ローン返済にまわすお金が足りない月は消費者金融で借りました。金利も含めて借金はふえ続け、住宅ローン以外に500万円ほどに達していました。住宅ローン本体の残高もまだ2000万円近くあり、もうこれ以上の借金は不可能です。生活の切り詰めも限界に達していて、あとは破産しかないとは思うものの、破産になれば家は競売にかけられ、自分たち家族は住むところもなくなると考えると絶望的でした。

解決するには

民事再生で借金を大幅に減額し
残った住宅ローンだけを返していく。

完済の終わっていない住宅ローンを抱えている場合の債務整理では、借金と住宅ローンを分けて考えます。Kさんのように持ち家を手放ししたくないという強い願望がある場合は、自己破産ではなく、民事再生の道を検討します。民事再生の手続きをとれば、金融業者からの500万円近い借金は100万円までに減額することができます。幸い、Kさんの場合は給料が下がったとはいえ定期収入もあるので、住宅ローンの残債と合わせて月々無理なく支払える金額を決め、3年かけて返済することでうまく収まりました。
民事再生は、現状では借金で苦しんでいても、継続した収入があり、将来に向けて返済能力のある人に適した解決方法です。Kさんのように住宅ローンがあり、住宅ローン以外の債務を圧縮すれば支払を続けられる場合は、とくに民事再生が有効な解決策といえるでしょう。

弁護士がわかりやすく解説
「最悪の住宅ローン破綻」を防ぐには

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00