借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する

借金問題の法律解説

わかる!債務整理

これ以上借金して欲しくないご家族がいる方へ

浪費をやめられずつい借金に頼ってしまう方や、借金を繰り返す家族のために迷惑をこうむっている方を救うことを目的に、“資金源を元から絶つ”方法が設けられているのをご存じでしょうか?

「私には、もう貸さないで」と全国の貸金業者に一斉通知。

次から次へと借金を重ねてしまう人や、やむなく多重債務に陥っている人は、貸してくれるところがある限り借り続けてしまうことが少なくありません。そういう人のために、貸付自粛制度が設けられています。

本人の意志で借金自粛を申請

自分に借金癖のあることがわかっている本人、またはその家族が日本貸金業協会に自己申告し、金融業者に対して今後の貸付けを自粛してもらうよう警告する制度です。

5年間は、全国どこへ行っても借り入れ不能

貸付自粛を申告すると、個人信用情報機関に対象者の個人情報が登録され、会員である全国の金融業者はその情報を確認できるようになります。その結果、対象者は以降、5年の間、借り入れできなくなります。

おさえておきたい、貸付自粛のメリットとデメリット

<メリット>

・ 借金がストップする。
・ 多重債務を自己防衛できる。

<デメリット>

・ 有効期間は5年間だけ。
・ 本人の意志があれば、簡単に解除できてしまう。
・ 法的な強制力を伴わない。
(貸付け自粛に協力しない業者もいる)
・ ヤミ金には通用しない。

貸付自粛制度を利用する場合の手続き方法と注意点

下記に申請(登録は無料)

日本貸金業協会の都道府県支部窓口
必要書類を揃えて上記の窓口を訪問、または郵送で申し込みます。本人の場合と、家族(配偶者、または2親等以内の親族)の場合で、条件も必要書類も異なります。
※詳しくは上記にお問い合わせください。

過信は禁物。ヤミ金に要注意

貸付自粛制度は利用者本人の借り過ぎ自粛を促すためのものであり、法的な拘束力はありません。家族が申請していても、本人の意志で取り消すことができ、この制度を利用したからといって借金が増えない保証はありません。

また、この制度は日本貸金業協会の会員会社である正規の金融業者を対象にしたもので、いわゆるヤミ金業者には通用しません。むしろ、ヤミ金業者は公開された個人情報をもとに、借金勧誘をもちかけてくることもあるので十分な注意が必要です。

私たちが選ばれる理由

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00