借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する
家族の借金問題

解決までの流れ

どうしたらいい?と心配されている方へ

「みお」の弁護士は法律の力を使って、返済と取り立てをストップすることができます。

借金されているご家族を見てこう感じていませんか?

  • 収入から考えて返せないことが明らか。
  • 何年も払い続けているけど過払い金があるのでは?
  • 消費者金融のカード枚数がますます増えてきた。
  • 厳しい取り立てに疲れ切っているみたい。

身内に借金を抱えている方がおられるお宅では、本人はもちろん、家族の方々も毎日が不安です。もしも、本人が返せなくなったら自分たちが代わりに払わないといけないの?怖い業者に取り立てに来られたらどうしよう?と、悩みが尽きないのではないでしょうか。でも大丈夫。これを読めばそんな悩みは解決できます。

ご存じですか?
家族に、借金を肩代わりする法的な義務はありません。

親兄弟であれ、配偶者であれ、本人が返せなくなった借金を家族が代わって支払わなければいけないという法律上の義務はありません。保証人になっていたり、本人が亡くなって相続が発生した場合は別ですが、返済を義務づけられているのは借金をした名義人である本人だけです。名義を貸したりしていなければ、家族が肩代わりする必要は全くありません。

家族に代理返済を強制するのは明らかな違法行為です。

金融業者の中には、当人に返済能力がないと見ると家族に肩代わりを強制する者もいますが、これは完全な違法行為(貸金業法21条違反)です。被害にあった場合は警察に通報するのも一つの方法ですが、最も効果的なのは弁護士に依頼することです。弁護士が介在しただけで貸金業者はひるみ、態度をやわらげます。弁護士起用にはこうした抑止効果もあるのです。

どんなに泣きつかれても絶対にしてはいけない
家族の借金の肩代わり

困っている身内を助けたいと思う気持があっても、家族が代わって借金返済することは絶対に止めましょう。ほとんどの場合、家族が温情をかけて肩代わりしたケースでは、本人はその後も借金を繰り返します。頼られても借金の尻拭いはせず、弁護士に依頼して法的解決の道を選びましょう。

弁護士に依頼すれば
家族の借金問題は3ステップで解決

1弁護士に依頼する
弁護士が受任通知を金融業者に送ります。通知を受け取ったら、業者は取り立てができなくなります。この間に対応策を考える余裕が生まれます。
2借金整理する方法を選ぶ
当人の返済能力に合わせて3つの整理方法(任意整理・民事再生・自己破産)を検討します。
3弁護士が手続きする
利息を払い過ぎていた場合は過払い金が戻ってきます。また、借金が減額されたり、ゼロになる可能性もあります。
5年以上返済をしていない場合は、時効となり返済しないでよい場合があります。時効援用ができる場合もあるので、まずは相談にきてください。

※ご注意ください!
以下の場合は家族が当人に代わって返済する義務が生じます。

1. 保証人になっていた場合
借り入れの際に、家族の誰かが保証人(または連帯保証人)になっていた場合は、その家族に返済の必要が生じます。
2. 借り主が亡くなり、自分が相続人である場合
借金をしていた当人が亡くなると、その借金は相続人が引き継ぐことになります。相続放棄すれば返済は免れますが、同時に預金や不動産など、遺産の相続権も全て失います。

解決するには

家庭内で悩んでいないで
ためらわれている本人を促し
ご一緒に、相談にお越しください。

身内の借金問題はひとごとではありません。かといって、肩代わりは決して解決にはなりません。もしもご家族の借金問題で悩んでおいでなら、本人を連れて一緒に「みお」へお越しください。解決できない借金問題はありません。私たち弁護士が、法律の力で、あなたとあなたのご家族を借金の悩みから解放します。

まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00