借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する

解決事例

任意整理

ギャンブルが止められずに膨らんだ借金。任意整理で、利息を0にして月々の返済も減額に。

パチンコ等のギャンブルが好きで止められず、消費者金融から借りたお金はすぐにギャンブルで消えてしまうといった生活を続けていました。その結果、月々の返済は利息だけで精一杯という状況に。思い切って弁護士に相談したことで、債務を減らすことができました。

ご相談者様

Dさん(40代  男性)
職業
会社員
借入先
銀行・消費者金融
債務総額
350万円

Dさんは大企業に勤務しており、安定した収入がありましたが、パチンコ等のギャンブルが好きで止められず、消費者金融等から借入を始めてしまいました。しかし、借りたお金はすぐにギャンブルで消えて手元に残らず、借入額も融資枠一杯になってしまったため、知人にまで借金するようになってしまいました。知人から借りたお金は返さない訳にはいかず、優先的に返済をしていましたが、そうすると消費者金融からの借入の返済が難しくなってしまいました。

Dさんは家族に内緒で借金をしていたので、消費者金融の借入を滞納すると、督促状などで家族にバレてしまうのではないかと、不安な毎日を送っていました。

ご相談時の借金状況

銀行や消費者金融4社から、計350万円の借入金がありました。毎月の支払いは利息分しか返済できない状態に陥り、家族に借金の件が発覚する前に何とかしたいと思い、当事務所に相談に来られました。

解決までの道のり

ご相談の時点で、Dさんは利息の支払いしかできておらず、次の支払いはどう考えても不可能な状態に陥っていました。個人再生や自己破産をすれば経済的メリットが大きいと思われましたが、ご家族に内緒にしたいとの強いご要望があり、この2つの整理方法は断念。Dさんは大企業にお勤めの給与所得者であり、継続収入が見込めることから、任意整理で、できる限り支払額を抑える方法で手続きを進めることにしました。

弁護士が債権者と粘り強く交渉した結果、利息は0%とし、ボーナス月に支払額を増額する代わりにそれ以外の月の支払額を減らす方法で解決。ご依頼前は月5万円の支払いがほぼ利息に消えていましたが、整理の結果、通常月は4万円の支払いで、全額を元本に充当する形に変更できました。

解決するには

借金から解放されることを優先するなら、自己破産や個人再生の道もありますが、Dさんはご家族に借金のことは知られたくないとのご希望だったため、任意整理がベストだと思われました。
債権者との交渉では、Dさんが大企業にお勤めであり、ボーナスも安定して見込める点を強調し、ボーナス月の支払額を増額し、その他の月の支払額を減額することで和解しました。結果として、利息は0%、通常月の支払いを5万円から4万円に減額することができ、Dさんの借金問題は無事解決しました。

担当弁護士のまとめ

個人再生や破産をすれば借金の大幅圧縮が見込まれましたが、ご家族に内緒という事情があったため、任意整理で手続きを行いました。借金の整理をするときは、ご家族にも話をして手続きをするのがベストですが、どうしても話ができない場合は、任意整理以外の手続きは困難になります。
任意整理は、月々の返済額は大きく変わらないというケースが多いのですが、今後発生する利息をカットでき、元本だけの返済に切り替えられるので、完済時期の目途が立てられるというメリットがあります。
当事務所では、それぞれの方のご事情に応じた借金整理の手続きを、わかりやすくご説明します。どのように整理すればいいか迷っている方は、一度ご相談ください。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00