借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する

解決事例

任意整理

妻に家計管理を任せていたところ火の車に。勤務先に知られたくないため、任意整理で問題解決。

家計を任せていた妻から家計費が足りないと言われたときは、金利の低い勤務先の貸付制度を利用していました。ところが、それ以外にも妻がMさんの名義で多額の借入をしていたため、弁護士に相談。任意整理で債務を減らすことができました。

ご相談者様

Mさん(50代 男性)
職業
会社員
借入先
銀行・クレジットカード
債務総額
500万円

Mさんは妻と子ども3人の5人家族で、Mさんは正社員、妻はパートとして働き、家計の管理は妻がしていました。子どもが3人もいるため、生活費がかさみ、貯金はほとんどできない状況でした。Mさんの妻は借金だけはしないよう、節約を心がけていましたが、子どもが大きくなるにつれ学費なども増えて行き、自分名義のカードだけでなく、Mさん名義のクレジットカードでも借入れをするようになってしまいました。

Mさんは家計にタッチしていなかったため、妻から家計費が足りないと言われた時には、金利の低い勤務先の貸付制度を利用して借入れを行い、妻に渡していました。ところが、ある時、妻から他にも多額の借入れがあると打ち明けられ、初めて家計状況を確認し、多額の借金があることを知りました。このままでは大変なことになると思ったMさんは、借金の整理をすべく夫婦で当事務所に相談に来られました。

ご相談時の借金状況

Mさん名義での借入は、クレジットカードと銀行から500万円、勤務先からの借入が100万円、総額600万円に上ぼっていました。

解決までの道のり

借入額が大きいことから、個人再生や自己破産での債務整理も検討しましたが、Mさんには勤務先に迷惑をかけたくない、債務整理を知られたくないとの思いがあり、勤務先を債務整理の対象から外せる任意整理を選択することにしました。

任意整理の手続きを進めていくなか、金利の高すぎるカードもあったため、500万円の元本を400万円まで減額することができました。残った400万円は弁護士が債権者と交渉し、利息を付けずに月7万円の60回分割で支払っていくことで和解が成立しました。

解決するには

任意整理とは、債権者に対し、利息や毎月の支払いを減らしてもらえるように交渉し、借金の負担を下げるための手続きです。全ての債権者を交渉の対象にする必要はなく、Mさんのように勤務先には迷惑をかけたくないというご希望があるときは、勤務先を任意整理の対象から外すことができます。Mさんは給与所得者であり、継続して収入が見込めるということから返済能力があると判断し、任意整理をお勧めしました。
ご相談者の状況に応じて柔軟に対応したことで、無事解決に至りました。

担当弁護士のまとめ

妻に家計管理を任せていたら家計が火の車になり、多額の借金の返済をしなければならなくなった事案です。Mさん自身は家計管理に関わっていませんでしたが、任せっぱなしにしていた自分にも責任があると、任意整理で借金を整理することを決意されました。
任意整理で借金を減額するとともに、月々の返済も大幅に減額できました。
一方、Mさんの妻は大きな財産もなく、パート職であったことから、自己破産で借金を0にし、Mさん一家の借金問題は無事解決しました。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00