借金のご相談なら大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」へ
電話する

解決事例

個人再生

ギャンブルで膨らんでしまった借金を、個人再生で圧縮。マイホームを手放すことなく、生活再建の道へ。

奨学金で大学を卒業し、無事公務員になったものの、ギャンブルにはまってしまい、気が付けば借金地獄に。生活を立て直したいと弁護士に相談した結果、個人再生で600万円の債務を120万円に圧縮できました。

ご相談者様

Mさん(30代 男性)
職業
公務員
借入先
銀行、消費者金融、奨学金
債務総額
600万円

奨学金を借りて大学を卒業したMさん。公務員に就職後、ボートレースにはまってしまい、生活費とギャンブルで給与を使い果たす状態でしたが、そのうち、銀行や消費者金融から借り入れたお金をつぎ込んで、ギャンブルを続けるようになりました。家族の支援で完済することもあったのですが、それによって借入枠ができるので、また借入を繰り返してしまい、ますますのめり込み、どんどん金額が膨らんでしまいました。

ご相談時の借金状況

奨学金の返済は毎月続けていたため、債務は大幅に減額していましたが、ギャンブルで膨らんだ借入が400万円ほどあり、また、公務員の共済からも100万円ほどの借入がありました。

結婚して子どもが誕生し、自宅も購入したことから、このままではいけないと心を決めたMさんは、経済的再生をめざして相談に来られました。

解決までの道のり

Mさんの現在の状況を調べてみたところ、公務員という安定した収入があること、月4万円までならなんとか返済できることが分かりました。また、住宅ローンを組んでいること等から、債務整理の方針を検討した結果、個人再生で債務を圧縮して返済することがベストだと判断し、手続きを進めることにしました。

資料を揃えて裁判所に申し立てたところ、見込み通り、600万円ほどあった借金は120万円まで圧縮でき、毎月の支払いは35,000円と無理のない金額にすることができました。

解決するには

Mさんは、公務員という、将来的にも安定した収入が見込まれる職業に就いており、家族との新しい生活の立て直しに強い決意を持っておられたので、個人再生手続きを選択しました。
借入の原因はギャンブルですが、個人再生では借金の理由が不問のため、裁判所の許可もスムーズに得ることができました。Mさんは、弁護士と共に立てた再建計画で、生活にムリのない支払金額を設定でき、マイホームを手放すことなく、家族と共に経済的にも精神的にも落ち着いた日々を送れるようになっておられます。

担当弁護士のまとめ

ギャンブルで返済が困難になるまで増えてしまった借金を、個人再生で解決した事例です。個人再生は、ギャンブルなどの浪費が原因でも利用できますし、住宅ローンを組んでいる方でも、住宅を手放さずに済みます。一定額の返済を続ける必要はありますが、日常生活に影響が少なく、自己破産よりも使いやすい手続きと言えます。
借金が増えて支払いが困難になってきたという方は、個人再生手続きも数多く取り扱っている当事務所へご相談いただければと思います。
まずは無料相談

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する弁護士「みお総合法律事務所」へ

電話で

0120-7867-30

お迷いなら、まずは
無料相談をお試しください。

債務整理、任意整理や自己破産、過払い金、多重債務など、
借金のご相談は、大阪・京都・神戸で展開する「みお綜合法律事務所」の弁護士にお任せ下さい。

メールで

24時間いつでもお申し込みいただけます。

メール受付:24時間

電話で

不安や疑問、過払いの可能性について、すぐ回答。

0120-7867-30
電話受付:月〜土 9:00-17:30

チャットで

無料の匿名チャットで、気軽にやりとりしながら確認。

チャット受付:月〜金 10:00-17:00